WEB漫画等、マンガイラスト制作で売上促進!|アンシャントマン

TOP > ブログ > 速報!といいつつ翌日ですが・・・

速報!といいつつ翌日ですが・・・

昨日、昼間yahooのTOPニュースに、なんと
「ジャパン・エキスポ」の記事流れたそうです。
ココ→
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060619-00000042-kyodo-int

<記事引用>
海外総合ニュース – 6月19日(月)9時28分
条件検索

オタク文化、仏で人気 イベントに6万人予想

 【パリ19日共同】「オタク文化」と呼ばれることもある日本の漫画やアニメ、コスプレなどの人気がフランスで拡大中だ。日本のサブカルチャーを集める「ジャパンエキスポ」がパリ郊外で7年前からほぼ年に1度のペースで開催され、今年は7月7日から3日間の日程で過去最高の6万人の入場を見込む。
 フランスは世界で最も早く日本のアニメが紹介された国の一つとされ、世界有数の漫画市場。エキスポ関係者によると、コスプレ人口も増加中で、パリ近郊だけで約2500人を数える。
 エキスポの入場者は第1回の3200人から年々増加。今年は、名古屋市で8月に開かれる「世界コスプレサミット2006」のフランス予選を行うほか、日本のプロレスも紹介する。

という内容です。

また・・・

「世界コスプレサミット」を主催するTV愛知のHPからは、こんな演説が・・・
(http://www.tv-aichi.co.jp/cosplay2006/j/aso01.html)
tit_aso

『麻生外務大臣演説 文化外交の新発想-みなさんの力を求めています』(平成18年4月28日)
下記項目別に、
1. 無形遺産条約の発効
2.コンテンツ業界の皆さんへ
3.ポパイとアトムの力
4.ポップカルチャーに本気
5.外交、イメージ、ブランド
6.テレビ海外放送への期待
7.官民のパートナーシップ
8.オールジャパンの取り組み
9.「賞」をつくります
10.日本の夢を売りましょう

ここで、最後の『10.日本の夢を売りましょう』では、

<引用>
ワールドカップがある年だから言うのではありませんが、フランスのジダン、イタリアのトッティといったヨーロッパの有名選手の共通点、皆さんならご存知かもしれません。「キャプテン翼」、略称「キャプつば」です。もともと「少年ジャンプ」が連載し、あとでテレビアニメになりました。
 あの番組を見てサッカーに憧れたのが、ジダンであり、トッティなのです。
 「うっそー」と思う人は、フランスで、いま日本の大黒将志(おおぐろ・まさし)選手が所属しているプロ・チーム、「グルノーブル」のウェブサイト(http://www.grenoblefoot38.fr/htm38/3p.shtml)を見てください。キャプつばの作者、高橋陽一さんが、選手のキャラを描いております。

と高橋陽一さんのキャラクターが、現実のサッカー選手とリンクしていることが、紹介されています。いまや、影響力は、絶大です。

みなさんも「グルノーブル」のHPをぜひ立ち寄ってみてください!

では、またー。

PAGE TOP