WEB漫画等、マンガイラスト制作で売上促進!|アンシャントマン

マンガ活用で海外出展も注目される!in フランス ジャパンエキスポ

会場入り口 出展ブース 出展ブース 出展ブース 会場の様子 会場の様子 コンサート会場

クライアント

山陰国際観光協議会様(島根県、松江市、鳥取県他)

業種

地方公共団体

サービス内容

出展サポート

目的

スムーズな出展展示

ターゲット

フランス

メディア

出展ブース

コメント

フランスをメインの観光客相手と考える山陰国際観光協議会様(島根県、松江市、鳥取県他)より出展サポートの依頼をいただきました。

出展アドバイスと出展備品の調達でした。
弊社制作のキャラクターでイベントでも目を惹く展開となりました。

出展にあたっては、3点注意点があります。
1)来場者目的
来場者は何を楽しみにやってくるのか?ということです。
マンガイベントがフランスだけでも年間50件あります。他の国々も多数のマンガイベントが行われています。彼らが最も影響を受け楽しみしているのがマンガ・アニメです。
有名作品でなくともマンガ的要素を出展ブースのメインコンテンツにすることは彼らの欲求ニーズにかなっています。
ただ、大抵の地方自治体は既存のものを翻訳しただけのチラシもしくは観光地の写真パネルだけなんていうものもありました。来場者からするとかなり淡白に感じるでしょう。

→これに対してありがたくも弊社で島根県で2体のキャラクターを制作実績があったのでこれを大々的に、最低限でも等身大ポスターぐらいにはして貼ることをアドバイスしました。そうすると現場では、有名無名とに関わらずマンガで興味深いものには反応を示しますので写真を多数撮ってもらう結果となりました。


2)達成目標の設定
目標設定なきままに、1度きりの出展でわんさか観光客を捕まえるということはかなり無謀です。まず、フランス、ジャパンエキスポの場合は20代前半の若者がメイン客層です。数年後以降を見据え、彼らが可処分所得ができ自ら日本へ観光に行く際に目的地としてしっかり印象付けることが肝要です。
まずは、知ってもらうことから。そして、何が魅力なのか?
それから実務的な交通機関や入場料についてなど興味を持ってもらうことを主軸に置いて実務的なものは興味を持つ前では意味をなしません。
僕らでも行きたいと思っていないのに、交通経路や入場料の話をされてもピンとこないのと同じことが言えます。

→これについては、目標を低く設定しいかに興味を持ってもらえるかを検討することから始めなければなりません。軽い段階としては、SNSヤHPに誘導する、何か写真映えしたくなる位ものと一緒に写真を撮ってもらう数を決めおく、仲良くなる(※意外に重要)などです。

3)しっかりとした期間を持つ
出展申し込み終了期限ギリギリどころかそれを超えたところでの相談もあります。
この場合、通常のやり方では難しくすでに出展されている方とのコラボレーションという形がギリギリのラインです。が、これはあくまでもウルトラCのようなものです。いつもうまく行くとは限りません。出展者は自分のことで手が一般ところ遅れて提案があっても困るのが実情です。
現地の人脈へのアポイントメントも何ヶ月も前から行う必要があります。
また、海外出展はなにかとイレギュラーなことがつきものです。荷物が届かない、ストで交通機関が止まっている、軽犯罪がある等
そのため、上記の達成目標とともに現地へのアプローチ期間も十分にとって置くことが重要です。
目安として出展3ヶ月前から色々と動くのは困難を極めます。

大前提として
世界中で日本のマンガイベントが行われています。
しかもテーマパークとは違ってほとんどが自らの意思で素人からスタートしたものばかりです。このようなものは世界中どこをさがしても日本のマンガ以外に見当たりません。
これは大変なチャンスなのですが、
発信の仕方のまずさから諦めてしまうことも多々あります。
しかも短期的な効果を戦略・戦術なきままに求めがちです。

これから出展される方においては
日本人にとってかなりありがたい場であることは確かですので
しっかりと期間・予算・人脈の確保を行って進めてもらえればと思います。

マンガブランディング・マンガ広告なら
「マンガカルチャー」までお気軽にご相談ください。

電話番号
お問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP